ことぶき帖

自分が撮影した写真について適当なコメントをつけて書き綴ります

【茨城の職人】AYAME ANTICOで二つ折り財布(アルトアッシュガートフィネストラ)を購入しました。

茨城県結城市といえば、ユネスコ無形文化遺産に登録されている結城紬が有名です。
そんな中で、紬に目もくれず(?)、革に情熱を注ぐ一人の職人がいます。

 

デザイナー兼社長である菖蒲(あやめ)氏は、某レザーブランドの製造責任者として培った経験と、革製品の本場であるイタリア・フィレンツェでレザーアイテムの製作やアンティーク刺繍について学んだ経験を活かし、「日本のものづくりの力を盛り上げたい」という想いから、ブランドを立ち上げました。

 

その名は、AYAME ANTICO(アヤメ アンティーコ)。

 

アヤメはご自身の名前から、アンティーコはイタリア語で「古風なもの、アンティークなもの」という意味があるのだそう。
どんな素敵な製品があるかは、ぜひホームページをご覧ください!

 

すでに我が家にはAYAME製品(と呼んでいます)がずらり・・
 f:id:inachu56:20171213155124j:plain

上段:二つ折り財布(オリーブ)、ベルト

中段:長財布(黒)、長財布(茶)、名刺入れ

下段:パスケース×2、ペンカバー、ペンケース

 

三十路+1歳の自分へのプレゼントとして、今回は二つ折り財布のアルトアッシュガートフィネストラオリーバ(ビターグリーン)を新しく仲間に入れることにしました。f:id:inachu56:20171130121825j:plain

 f:id:inachu56:20171130121922j:plain

f:id:inachu56:20171213160105j:plain

f:id:inachu56:20171130121847j:plain

 

f:id:inachu56:20171130121816j:plain

この革を扱っているのは日本でもAYAME ANTICOだけなんだそうで。
革マニアなる方々からの問い合わせも多く、露出も少ないしそれほど宣伝もしていないのに(失礼)、どういうルートでか、たどり着かれるそうです。

 

そして!別に革製品には興味がないけど写真が好きな方もホームページを見て楽しめます。
結城市にあるお店の壁には、富士フイルムのカメラがかかっていました。
(ここにもFUJI信者発見!)
社長自ら現地イタリアへ出向き、ご友人の方と共に撮影されています。
オサレな写真が多いですし、イタリアに行った気分にもなれますのでぜひご覧ください。

 

クリスマスも間近。プレゼントにいかがでしょうか(*´∨`*)?