ことぶき帖

自分が撮影した写真について適当なコメントをつけて書き綴ります

フィルムカメラを使うのは、井戸水を飲むようなものか。

2018年も間もなく終わる頃、富士フイルムの「ナチュラクラシカ」というフィルムカメラを買った。なんとなく買ってしまった、という想いが拭えずに、3ヶ月が過ぎた。

フィルムカメラで写真を撮る理由ってなんだろう」
そう漏らすと、友人はこう返してくれた。

「ペラいの(フィルム)の中に、切り取った世界が写ってる。フィルムっていう形で、時間を閉じ込めてる感がある」
ふむ、そういう感覚もあるのかもしれない。

友人は続ける。
「面倒臭さとか、不便さ、世の中が便利になって切り捨ててきた事を味わうのって楽しい。たまにアナログなのがいいんだよ」

「田舎のばあちゃんちに行ったら井戸があって、手押しポンプでギッコンギッコンして水が出てくる。はじめは濁ってて、少し漕ぎ続けると綺麗な冷たい水が出てくる。''楽しいーー!冷たーい!なんか美味しい!''
でも、井戸が日常だと、''面倒・・・蛇口ひねれば水が出てくるといいな、やっぱ水道は最高''ってなる。それでもやっぱり夏休みにおばあちゃんちに行くと、井戸の水飲みたくなるんだよなー、みたいな」

(例えの長さはさておき)私は、腹にすとんと落ちたのだ。どちらかに決めることじゃない。井戸水(フィルム)と水道水(デジタル)、飲む(撮る)までの過程を楽しむのもよし、利便性を求めるのもよし。

「フィルムしか無かったらデジタルが欲しくなるじゃん?両方所持して、その時に使いたい方を使って、その道具を楽しめばいいんじゃない」

デジタルカメラ富士フイルムのX-Pro2を所有している。グレイン・エフェクトという、フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する機能(簡単に言うとざらざら感を出す機能?)を使って、''フィルム調''の写真を撮っていたつもりでいたので、フィルムじゃなくてもいいじゃん、という気持ちが少なからずあった。


ナチュラクラシカを買ってから、下記3本のフィルムを使った。現像してみて、デジタルで作ったフィルム調は、結局フィルム''調''であって、本物じゃないんだなぁと気付く。粒子感が違う、というのがはじめの3本を使った感想だ。

FUJIFILM NATURA1600

30410001

30410003

30410008

30410017

30410022

30410025

30410029

30410031

30410035

30410037

AGFA Vista400

30390001

30390004

30390009

30390014

30390019

30390024

30390026

30390029

30390030

30390031

FUJIFILM SUPERIA VENUS80030400002

30400005

30400007

30400010

30400019

30400023

30400029

30400032

30400033

30400034

最後に感想をもう一つ。今までスナップしても、あまり人を入れた写真を撮らなかったけど、現像した写真を見返してみると、街行く人々の姿を沢山撮っていた。

今は義父が使ってたNikon FEを修理中。カメラが戻ってきたら、義父が撮っていたように、家族の写真を撮ろうと考えている。