ことぶき帖

カメラやウクレレなど趣味について書き綴ります

FUJIの病を患った話。

どうもイナです。FUJIの病を患っています。

どうやら昨年、三十路になった瞬間に感染していたことが分かりました。

 

正直それまでは、FUJIFILM?あぁもっくんがCMに出ているやつね」とか、仕事のメールで富士フイルムではなく、富士フィルムって書いてしまい、富士フイルムの方に注意されるレベルの認識だったのですが・・・

三十路+1歳になった今、未だこれといった治療法に出会えていません。

 

ことの発端はX100Sの購入から始まりました。

※下記出典:FUJIFILM

 

X100S (2016年10月~2017年3月)

f:id:inachu56:20171016190315j:plain

持ち運べる短焦点カメラが欲しくなって、三十路記念に誕生日プレゼントとして手に入れました。

この時期、よく友達の子供を撮っていたこともあり「なにこの肌色ぉ・・写真なんだけど人がそこにいるみたぁい」と思ったことを覚えています。

早くもこの辺りから、FUJIFILMいいよぅ・・持ち歩きたいよぅ(*´Д`)ハァハァ」という症状が出始めていました。この出会いがきっかけで次に出てくるX70を買うことになります。

 

X70 (2017年3月~現在)

f:id:inachu56:20170531175251p:plain

フルサイズ換算28mm相当の単焦点レンズを搭載した、APS-Cフォーマットのコンパクトカメラです。毎日カバンに入れて持ち歩ける最高の一台だと思っています。

同僚には「何このカメラズームできないんだけどウケるwww」と草生やされまくったカメラですが、私は大好きなカメラです。

 

X-T2(2017年6月~9月)

f:id:inachu56:20171016185420j:plain

レンズ交換式もFUJIFILMにするぅ!と、Nikon D7100を手放したのは記憶に新しいです。

 

X100F(2017年9月〜10月)

f:id:inachu56:20171016185447j:plain

ここまで来ると、X100Fも買わなきゃ・・・じゃないとFUJIユーザーとは言えない・・・的な感覚に見舞われました。夫の「小さいカメラが欲しい」が引き金となって購入しました。そう、きっかけなんてほんのささいなもの。そして、ただの後付け。

 

X-T20(2017年10月予定)

f:id:inachu56:20171016185557j:plain

明後日届きます!!!

 

ふぅ。

 

ちなみにX100F以外は中古で購入し、全てを所有しているわけではなく、X70とこれから来るX-T20が残ります。

 

各種ボディを愛する皆さんから見れば、ドナドナとか何してくれとんじゃわれぇぇぇぇ!状態かと存じます(殴らないでください仲良くしてください)。

 

ほぼ買値で引き取ってくださるカメラ屋さん達に「買値ですけど、いっ、いいんですか?」なんてことは言わずにしれっと下取りに出し、持ち出しはXF23mm F2の中古程度で済んでいます(殴らないでください仲良くしてください)。

 

ここまで書いてきて思ったことは、このようにぐるぐるとボディを変えることで、少しずつ症状がおさまっているのかもしれません。

X70だけは手放さずに置いておくあたり、X70最強説が自分の中で確信を得つつあります(じゃあなんでX-T20買うんだよって殴らないでください仲良くしてください)。

 

もし、1年のうちにFUJIFILMのカメラを5つも購入している患者もとい信者の方がいらっしゃいましたら、一緒にあははうふふしてください。

連絡、待ってます。